ARCHIVES
お土産に白菜?!
先日、台湾旅行のお土産に携帯ストラップを頂きました♪

20110906_1.jpg 20110906_2.jpg


お土産は嬉しいけれど、どうして白菜なのと思っていますと…。
なんでも台湾の國立故宮博物院展示の「翠玉(翡翠)白菜」、
もともとは紫禁城内の永和宮(光緒帝の妃、瑛妃の寝宮)に安置されていた、
つまり、由緒正しい「白菜」とのこと、まったくの勉強不足でした(汗)。

さて、この翠玉白菜について、
同博物院のウェブサイトでの掲載ページを拝見、
これが実に奥深いのでこちらの説明文から一部引用してみます。
(ご存知の向きにはちっとも目新しい話ではないでしょうが…)

超アップ画像をもう1枚。で、判かりますか?

20110906_3.jpg


白菜とキリギリスとイナゴを翠玉に彫刻したという作品です。
白菜にキリギリスとイナゴが載っているってどうよ、
ともうひとりの自分が囁きます。
けれど、アリとキリギリスならイソップ物語ですもんね…。
20110906_4.jpg
(c)Milo Winter (1919)

おっと脱線してしまいました、戻ります。

「翠玉白菜」の原寸は長さ18.7cm、幅9.1cm、厚さ5.07cm。

この彫刻は、瑛妃のお嫁入り道具のひとつだったと推測されているようです。
なんでも、翠玉(翡翠)が「清らかさ」を、
キリギリスとイナゴが「多産」を象徴する(!)からだそうで、
そもそも白菜と昆虫という題材そのものが、長く民間において
吉祥の象徴として喜ばれたそうです。
(キリギリスやイナゴは多産系?)


さらに白菜やキャベツなどの「野菜」について…。
杜甫の詩に花園の野菜が見向きもされないことを謳った作品があるとのこと。
アートな人々の創意工夫によって、野菜という題材が、皇帝の見る目のなさや政治環境の劣悪さ、はたまた、埋もれた才能を暗喩しているというのです。

「観る者に想像の余地が多く残されている」と纏めてありましたが、
要するに、古書にも親しまないと秘められたメッセージにも気づけないというわけです…。
メッセージ満載といえば、このところ「どじょう」が旬のようですが。

20110906_5.jpg

またまた脱線しました、すみません(汗)
元に戻って…

とにかく、たかが白菜されど白菜…です。

20110906_6.jpg

産直でトレーサビリティが叫ばれる現代。

携帯ストラップの翠玉白菜をまじまじ眺め、
やっぱり虫食いのある無農薬野菜がいちばん!
こんな庶民的発想も一興か、と。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0)
デビュー!?
暑い夏には、ラーメンよりつけ麺がいいですよね。
当社の近くに、「時屋」さんという
とってもおいしいつけ麺屋さんがあります。
有名店ですので、昼時は並ばないと入れません。


その「時屋」さんがローソンコラボの冷やしつけ麺を出されました。

20110726_1.jpg


・・・・・・なんと!!


20110726_2.jpg

・・・・・・・・・・・なななんと!!!!!


当社社員が出演(?)しているではありませんか!?

そういえば、社員そろって食べに行って並んでいる時に
店長の久保さんが何やら写真撮影してらっしゃいましたが・・・
こんなことになっているとは!


「時屋」さんとローソンさんの回し者ではありませんが、
よかったら、ご賞味ください。

(でも、もちろんお店で食べるほうがおいしいですよ~)



(社員K)
Permalink | comments(0) | trackbacks(0)
ポルトガル料理で女子会!
当社がコンビ二からサブリースしている物件に誘致した、
ポルトガル料理専門店『ポルトガリア』の5周年を記念して、
株式会社ライフイノベーションの女子の結束を深めるべく、
第一回(?)女子会を開催しました。

20110712_1.jpg

『ポルトガリア』は梅田のアメリカ領事館の横にあり、
オーナーのミラさんは、愛・地球博のポルトガル館の館長を務めていた
日本語ぺらぺらのとってもお茶目な方です。
お客様がたくさんいらっしゃったので、店内の写真はとれませんでしたが、
奥に長い店内は照明や雰囲気を変えて前はバールとして、
奥はレストランとして、
友達とでも、デートでも使えるお店です。

ガールズトークの彩りは、
『ポルトガリア』5周年記念コース。
スパークリングワイン、パン、前菜、魚料理、肉料理、
デザート、コーヒーor紅茶と料理はボリューム満点!!

20110712_2.jpg

20110712_3.jpg

ポルトガルでは魚をよく食べるそうです。
そのなかでも鱈料理が多く、
前菜に出てきた、バカリュウ(干し鱈)のコロッケは、
クリームコロッケ?!のような食感。
鱈の塩焼きは鱈一匹を塩焼きしたものを見せに来てくれました。
『鯛の塩焼き』とそっくりですが、
オリーブオイルをかけて食べるところは洋風です。

20110712_4.jpg

そして、当社女子の結束をさらに固くしてくれたのが、
ポルトガルワインです。
5人でスパークリングワイン1本、ワイン2本をおいしくいただき、
女子トークに花を咲かせました。
(内容は、男性社員が小さくなってしまいそうだから、あえて伏せておきましょう)

20110712_5.jpg

20110712_6.jpg

コースのほかにも単品のメニュー、ポルトガルビールなどもあります。

とっても、楽しい女子会と、
おいしいポルトガル料理、ワインをいただき、
当社女子5名の結束も深め、
大満足な一日を過ごさせていただきました。
ミラさん、ごちそうさまでした、
そして5周年おめでとうございます。


ポルトガル料理専門店『ポルトガリア』HP
http://www.portugalia.jp/

『ポルトガリア』食べログ
http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27007655/


(まり)
Permalink | comments(0) | trackbacks(0)
TOOBOO 楠葉並木店 試食会
6月15日(水)、フルーツカフェTOOBOO 楠葉並木店にて、
オープン前の試食会が催されました。

20110615_1.jpg

20110615_2.jpg

当社の業務委託物件という関係で、お手伝い(?)に行かせていただきました。

20110615_3.jpg

保冷庫の中で、出番を待っているフルーツたち。
おいしそうです!

今回の試食会は、枚方に特化した情報サイトを運営されている「枚方つーしん」様の主催で、
サイト内で参加者を募集したところ、なんと4時間で定員となったそうです。
試食会開催中にも、興味深げに外から見ていく方や、
「あら、もうお店あいてるの?」「いつオープン?」と聞かれたりしました。
周辺の方々も、新しいお店ができるのを楽しみにされているようです。

20110615_4.jpg

参加者の方々がそろい、試食会が始まりました!
皆さん、じっくりとフルーツを味わっていらっしゃいます。

20110615_5.jpg
20110615_6.jpg

今回、試食会で振舞われたのは、TOOBOOこだわりの新鮮な「フルーツ盛」と、
TOOBOOの名物とも言える、とろっとろの「杏仁豆腐」。
こんなにたっぷりといろいろなフルーツを味わえる機会はなかなかありませんね。
参加者の皆さんも「おいしかった!」と満足げな表情で帰っていかれました。


正式なオープンは6月22日(水)15:00です。
(当日はテイクアウトのみですが、なんとお一人様1杯生搾りフレッシュジュースがサービスされます!)
フルーツが溶け込んだフルーツカレーなどのランチも楽しめるそうですよ!
枚方周辺の方、フルーツ好きな方、ぜひ一度訪れてみてください。


■フルーツカフェTOOBOO 楠葉並木店
   大阪府枚方市楠葉並木2-30-1 くずはタワーシティ1F
   TEL:072-856-3335
   営業時間:10:00~20:00
   http://www.tooboocafe.com


■枚方つーしん
   枚方の情報満載のとても楽しいサイトです!
   http://www.hira2.jp/


(社員K)
Permalink | comments(0) | trackbacks(0)
ORA「サンプル祭り」
昨日、当社が賛助会員として加盟させていただいていますORA(社団法人大阪外食産業協会)「サンプル祭り」に参加させて頂きました。ORAは、2009年のGW・11日間に645,140人を動員した「第6回・食博覧会」の主催団体です。昨年、新しく竣工された大阪木津地方卸売市場の南棟2階にORA事務所移転後、今回ORA会議室で初の試みとして行われた催しでした。

20110609_1.jpg

20110609_2.jpg

20110609_3.jpg

不動産会社の賛助会員ということで「サンプル」をどう表現するか担当者は頭を悩ませていました。結局、当日ORA正会員様との取引事例をボードにして、出店・退店に関わる当社の業容をお知らせする機会と捉えて当日に臨んでおりました。

飲料メーカー様や厨房機器メーカー様、商品の展示、試飲・試食など各社工夫を凝らされた「手作り感満載の「お祭り」になったようです。大阪の企業様は「お祭り」好きです。

20110609_5.jpg

門外漢かなぁとの当初の心配を他所に当社ブースにも予想以上にたくさんの方にお運び頂きました。会社としても初の試みでしたが、担当者たちは異業種交流も図れてとても有意義な機会に出来たようです。関係各位に御礼申し上げます。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0)