ARCHIVES
ハイブリッド型コンビニ! 「アクセア三ノ宮店」

三ノ宮オフィス街に今月5日オープンした
「アクセア三ノ宮店」が、商業施設新聞に掲載されました。

①.JPG

記事掲載は昨年12月26日発行分で、当該プリントショップの出店により、ビジネス街向けの複合機能を備えたハイブリッド型コンビニができるとご紹介いただいています。

商業施設新聞(アクセア三ノ宮店)20161226.jpg

と言うのも、実はこの「アクセア三ノ宮店」、区画がコンビニ店舗内にある、いわゆるインショップ型店舗なのです。インショップ形態でアクセアがコンビニ内に出店するのは全国初の取り組みです。

②.JPG

完全なインショップ型店舗は、コンビニコラボの事例としては珍しい案件かと思いますが、ビジネス街立地でお互いに相乗効果のある良いテナントを誘致できたと考えています。
こういった持て余した区画や、1テナントには大きすぎる物件であっても、テナント・物件所有者ともに無理のない方法で出店を支援できる点は、弊社サブリース事業の大きな強みのひとつです。

コンビニコラボ以外にも様々な方法で複合出店を支援しておりますので、弊社の取り組みご期待ください。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0)
謹賀新年

年頭にあたり、皆様のますますのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

2017年は酉年。より一層の飛躍を期して、ひとりひとりがプロ意識を高め、目まぐるしく変動する社会や経済を鳥瞰しつつ、チャレンジを恐れず、ライフイノベーションの熱いストーリーを繰り拡げて参りますので、是非共ご期待頂きたく存じます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_2974.JPG
Permalink | comments(0) | trackbacks(0)
わたしたちのフィランソロピー
ライフイノベーションは、社会の公器たる企業を目指して邁進しています。
お褒めいただきたいというような思いからではなく、真面目に、私共のフィランソロピーの取り組みが、良い意味での連鎖になればという思いから始めたものであります。

私たちは、2011年の東日本大震災の発生時、働けない苦悩を経験される被災地の皆様の姿に、ただひたすら持ち場で働くことが自分たちの応援のかたちに思えました。それ以来、災害発生時には地方自治体等への募金をいち早く対応させて頂くほか、児童福祉施設(東京都)と医療研究機関(京都)に毎月一定額の送金を続けています。

とは言え…感謝状を頂戴したりなどすると、来月もまたしっかり頑張ろうという思いになって参ります。

IMG_2916a.jpg

IMG_3373.JPG


先日は、今年3月に発生した熊本地震の募金に対する県知事名のお礼状が届き、気の引き締まる思いにさせて頂きました。災害は誰の身にも起きうることを肝に銘じて、私たちは、被災された皆様の心に寄り添える気持ちを常に持っていたいと思っています。

IMG_2909a.jpg


ついでながら、来夏全国公開される介護福祉士にフォーカスした映画「ケアニン」のサポーターにならせていただきます。

IMG_2912a.jpg

ケアニン~あなたでよかった~:http://www.care-movie.com/

社会はいつも「おたがいさま」、人はひとりでは生きてはいけないものです。だからこそ、出来ることから始める、今日から始める…、皆様と思いは同じでありますように。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0)
加東市上中3丁目PJ フルオープン!

予てよりLife Innovation Blog でもお知らせして参りましたとおり
去る12月1日、中国縦貫自動車道・滝野社IC至近の県道17号線沿いに当社を事業主とするオープンモール型商業店舗がフルオープンしました。

IMG_2832.JPG
(県道17号線南から撮影)


IMG_7497.JPG
(八幡通沿い集合看板)


加東市初出店のドラッグストアのウェルシア、ファミリーレストランJoyfull、居酒屋魚民に加えて地元クリーニング会社による取次併設の大型コインランドリー店舗が誕生しました。
先行オープンの理美容店ハピネス、ルアーショップナイル、ファミリーマートを加えて合計7店舗の商業集積。さらに、コンビニ向かいに地元のベーカリーショップが本店移転のための新店舗建築中とあって、賑わいエリアとなりました。

地方都市のロードサイドということで地元の皆様にあればいいなのお店を誘致、お店の賑わいが地域を元気にすることを実感した案件であります。
とりわけ、駅前立地を好まれる「魚民」の郊外型店舗の出店は結構な話題になっているようです。その広告を見てみてなんだかほっこり。お料理はもちろんですが、進学や勤務先の都合で地元を離れていた方に昔を懐かしんでもらう空間と時間を提供する…お店力って凄いなと感じた次第です。
お近くにお住まいの方には是非お出掛けいただければと思います。

魚民チラシ.jpg
(「魚民 加東上中店」新聞折込み広告)
Permalink | comments(0) | trackbacks(0)
大阪工業大学梅田キャンパス遂に竣工! ~Wharfレセプション編~

梅田茶屋町にて2017年春開校予定の『大阪工業大学梅田キャンパス』ですが、1階レストラン区画では、当社が誘致を担当したシンガポールの有名オイスターバー『Wharf』が、キャンパス開きに先行して今月オープンの運びとなりました。オープン前のレセプションパーティーの模様をお伝えしたいと思います。

b01.JPG

レセプションスタート30分前に現場に到着。昼間の雰囲気とはうって変わり、公開空地のランドスケープと緑化にこだわったWharfのテラススペースが調和し、多くの人が行き交う茶屋町でありながら都会の喧騒から解放されたプレミアムな空間です。(このあと始まるパーティーを思えば嵐の前の静けさでした。)

レセプションがスタートし、さっそく店内へ。

b02.JPG

b03.JPG

Wharfはシンガポールで大人気のオイスターバー、
2016年4月に新宿にて日本初進出を果たし、
関西初進出となる当店が国内2号店となります。
牡蠣は安心できる国産にこだわり、年中いつ来店してもその時期の旬の味が楽しめるお店です。

レセプションパーティーということで、
キッチンのど真ん中にはDJブースが設けられ、昭和リバイバルな選曲で盛り上がり、いつのまにか数百人の招待客が詰め寄せて大変な熱気に包まれています。

b04.JPG

店内中央には、『オイスターキャッチャー』なるマシーンが鎮座し、UFOキャッチャーで牡蠣をキャッチするとお食事券がもらえるという面白い仕掛け。やってみるとこれがなかなか難しい!

b05.JPG

招待客の皆様や運営会社の皆様と交流し一段落、屋外に出ればテラススペースも満席で、絵になる光景。

大阪工業大学梅田キャンパスでは、日本のものづくりシーンにおいて、グローバルに活躍できる起業家人材の育成を目指しています。ですから、大学内外に関わらず多くの人に訪れて頂き、グローバルに情報発信していける拠点でなければならないと当社は考えました。そういう意味では、国際的で求心力の強いWharfの出店が実現したことは、大変意義があったと思います。

 来春のキャンパスオープンまでに、商業ゾーンの他の店舗が随時オープン予定なのであらためてご紹介したいと思います。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0)