ARCHIVES
大阪工業大学梅田キャンパス遂に竣工! ~Wharfレセプション編~

梅田茶屋町にて2017年春開校予定の『大阪工業大学梅田キャンパス』ですが、1階レストラン区画では、当社が誘致を担当したシンガポールの有名オイスターバー『Wharf』が、キャンパス開きに先行して今月オープンの運びとなりました。オープン前のレセプションパーティーの模様をお伝えしたいと思います。

b01.JPG

レセプションスタート30分前に現場に到着。昼間の雰囲気とはうって変わり、公開空地のランドスケープと緑化にこだわったWharfのテラススペースが調和し、多くの人が行き交う茶屋町でありながら都会の喧騒から解放されたプレミアムな空間です。(このあと始まるパーティーを思えば嵐の前の静けさでした。)

レセプションがスタートし、さっそく店内へ。

b02.JPG

b03.JPG

Wharfはシンガポールで大人気のオイスターバー、
2016年4月に新宿にて日本初進出を果たし、
関西初進出となる当店が国内2号店となります。
牡蠣は安心できる国産にこだわり、年中いつ来店してもその時期の旬の味が楽しめるお店です。

レセプションパーティーということで、
キッチンのど真ん中にはDJブースが設けられ、昭和リバイバルな選曲で盛り上がり、いつのまにか数百人の招待客が詰め寄せて大変な熱気に包まれています。

b04.JPG

店内中央には、『オイスターキャッチャー』なるマシーンが鎮座し、UFOキャッチャーで牡蠣をキャッチするとお食事券がもらえるという面白い仕掛け。やってみるとこれがなかなか難しい!

b05.JPG

招待客の皆様や運営会社の皆様と交流し一段落、屋外に出ればテラススペースも満席で、絵になる光景。

大阪工業大学梅田キャンパスでは、日本のものづくりシーンにおいて、グローバルに活躍できる起業家人材の育成を目指しています。ですから、大学内外に関わらず多くの人に訪れて頂き、グローバルに情報発信していける拠点でなければならないと当社は考えました。そういう意味では、国際的で求心力の強いWharfの出店が実現したことは、大変意義があったと思います。

 来春のキャンパスオープンまでに、商業ゾーンの他の店舗が随時オープン予定なのであらためてご紹介したいと思います。
Permalink | comments(0) | trackbacks(0)
<<加東市上中3丁目PJ フルオープン! | 大阪工業大学梅田キャンパス遂に竣工! ~キャンパス撮影編~ >>